『生もと純米無濾過生原酒 荒走り』発売!

P1020034

本日、平成29年1月20日(金)より『生もと純米無濾過生原酒 荒走りが発売になります。

もろみを搾りはじめて最初に出てくる「荒走り」は、フレッシュな香りと少し荒々しい味わいが特徴のやや辛口のお酒です。ぜひ一度ご賞味ください。

寒中お見舞い申し上げます

P1020032

寒さが一段とつのる中、香住鶴では間もなく大吟醸の仕込みを迎えます。

冷え込み厳しくなる折、いっそうのご自愛をお祈りいたします。

福壽蔵(直売場)年末年始の営業のお知らせ

福壽蔵(直売場)の年末年始 営業のご案内  

12月31日(土)は、16:30閉店とさせて頂きます。

元旦は誠に勝手ながら休業させて頂きます。

2日~4日は営業時間 午前9:30~16:30.

5日より通常営業(9:00~17:00)となります。

 

~インターネットからのご注文による年内発送ご希望の場合~

年内お届けご希望の方は、12月20日(火)迄にご注文お願い致します。12月21日以降のご注文の場合、年内お届け及びご希望日のお届けが出来ない場合がございますので、予めご了承ください。

~インターネットからの年末年始のご注文について~

2016年12月27日(火)~2017年1月4日(水)までは、誠に勝手ながらご注文の受付業務をお休みさせて頂きます。この期間は、インターネットでのご注文は受付しておりますが、受注確認メールの送信、お問合せのご返答、商品の発送につきましては、一時休止させて頂きますので予めご了承下さい。 * 尚、ご注文の対応やお問合せの返答、商品の発送は、1月5日(木)以降、順次対応させて頂きます。

『山廃 純米 しぼりたて生原酒』 12月9日発売予定

siboritate_yamahai_junmai 純米新酒

平成28年12月9日より純米の新酒『山廃 純米 しぼりたて生原酒』が発売になります。

旨みの中にコクとキレを感じる辛口のお酒です。ぜひ一度ご賞味ください。

山本幸三地方創生担当大臣ご視察!

2016年11月20日、山本幸三地方創生担当大臣が香美町を視察されました。

香住鶴でも“生酛造り”の山卸し作業や、櫂入れの様子をご覧になり利き酒をして頂きました。

P1010737 P1010715 P1010692 P1010688 P1010685

 

 

 

『山廃 純米 にごり酒』発売予定!

山廃純米にごり酒

平成28年11月22日(火)より『山廃純米にごり酒』が発売になります。

口に含めば米の旨みがとろりと広がる甘口のお酒です。ぜひ一度ご賞味ください。

 

『山廃 しぼりたて生酒』発売中!

siboritate_yamahai_nama 新酒

平成28年11月15日より『山廃しぼりたて生酒』が発売になりました。

蔵出し新酒をそのまま瓶詰めし、芳醇な甘さとフレッシュな香りが調和したコクのあるお酒です。

蛇紋岩米山田錦 契約栽培圃場視察

news_2016_10_7

香住鶴では、今年初の取り組みとして、蛇紋岩米山田錦を委託栽培しています。
10月1日、弊社社長をはじめ、醸造部社員が栽培農家の秋山博氏、福田富喜氏の圃場を視察しました。
養父市八鹿地区には、日本最大の面積を誇る蛇紋岩地帯が広がっています。
この土壌には、マグネシウムやカリウムが豊富に含まれており、良質な米を育てるにはうってつけ、この地域で山田錦121.4a(アール)の契約栽培を行っています。山田錦は米の粒が大きく、酒造好適米の中でも最高峰の存在であると同時に、反面、背丈が高い為倒れやすく、病気に弱い、栽培に手のかかる品種です。栽培農家のお2人は、初めての山田錦栽培ということもあり、試行錯誤の連続です。
蛇紋岩米山田錦の刈り入れ予定は10月中旬以降。玄米83俵(4980kg)の収穫を見込んでおり、今年度の山廃特別純米に試験醸造します。

「生酛 純米大吟醸 福智屋」が90点獲得!!

junmaidaiginjo_hukutiyaワインの世界的格付け会社と知られる「ロバート・パーカー・アドヴォケート」が、世界初となる“日本酒”の格付け評価を9月1日に発表。
今回、厳選した約800種の純米大吟醸酒・純米吟醸酒を100点満点で採点し78種類の日本酒に90点以上の採点をしています。
弊社「生酛 純米大吟醸 福智屋」が90点という高得点でした。
皆様、是非ご賞味下さい。

詳細・ご注文はこちらからどうぞ

「兵系酒85号」の試験栽培始まる

news_2016_6_95月19日、兵庫県農林水産技術総合センターの方が来社され、農林水産省の
「地域戦略プロジェクト」による新品種の酒米の田植えが行われました。
当社の兵庫北錦栽培田の一角に、兵庫県産の酒米新品種である「兵系酒85号」(韓国原産の米と山田錦を掛け合わせた品種)が 1本1本丁寧に手植えされました。
まだまだ試験栽培の段階で、これから出穂の時期や、茎数、草丈など生育の特性を調査していきます。
そして出来たお米でお酒の試作をする予定で、このプロジェクトは3年続きます。
将来的には、この新品種を使い香住鶴で醸造し、皆様にお届け出来る日が来るかもしれません。 これからの成長が楽しみです。