香住鶴の歩み

香住鶴発祥の地・香住区森にある亀居山大乗寺の襖絵は、江戸時代後期の画聖・円山応擧とその一門により製作されたもので、165点すべてが国の重要文化財に指定され、別名<応擧寺>と呼ばれている。

香住鶴は、当時遠く京を離れた応擧と門下生達の心をなぐさめた酒であると言われている。

創業は享保10年(西暦1725年)、本年で295年目を迎える。

昭和20年(西暦1945年)12月、近隣の酒造家三者と合併。

規模の大きかった福本酒造場・福本精三が代表取締役に就任。
戦後復興以降、「灘ブランド」志向の強まりにより販売面にて苦しい時もあったが、品質重視の経営方針を継続・強化することにより、昭和50年(西暦2000年)代から販売数量が増加。
但馬の地酒としての地位も確固たるものにし「兵庫の地酒」の雄として評価が高い。
更なる成長をめざし、平成15年(西暦2003年)10月現在地の香住区小原に全面移転し、高付加価値商品開発と企業力強化を目ざす。

現在、地元但馬地区(3市2町、人口約16万人)にて総出荷量の59%を販売。

次に京阪神地区、鳥取、東京、丹後の順である。

又、米国・英国・香港その他の国へも輸出している。

社是は“但馬の誇りたれ”、

経営方針は、<一、品質第一 / 一、地域第一 / 一、真心第一>である。

他社とは一味違う酒を目指して、昭和42年より「山廃仕込」にこだわり普通酒にも採用。
平成11酒造年度よりさらに「生酛造り」も復活させる。

さらに平成23酒造年度より全ての仕込みで「山廃」又は「生酛」を採用する。

これは、現時点において、全国的にも稀な取り組みである。

原料米は全て兵庫県産米を使用し、常にこだわりの酒造りを目指している。
今後共、地域の皆様を中心に販売し、益々強固な地盤を固めると共に、香美町を始め但馬地区のPRと発展の為、貢献していきたいと願っている。

生酛 山廃蔵 (きもと やまはいぐら)

~天然乳酸菌発酵~

香住鶴は、兵庫県の旧香住町にて、古来より伝わる日本酒の製造法「生酛(生もと)造り」にこだわり、独特の風味を造り上げています。

蔵人が一体となって丹念に仕上げる、香住鶴の真心と伝統の味をどうぞご賞味ください。

会社風景

全景

香住鶴 会社 全景 蔵元

直売所(店内)

香住鶴 会社 全景 蔵元

直売所(外観)

香住鶴 会社 全景 蔵元

製造棟

香住鶴 製造棟 蔵元

カフェ(飲食スペース)

香住鶴 製造棟 蔵元

歴史展示スペース

香住鶴 製造棟 蔵元

会社概要

社名 香住鶴 株式会社
代表取締役 福本 芳夫 (9代目)
所在地 〒669-6559
兵庫県美方郡香美町香住区小原600-2
TEL 0796-36-0029(代表)
0796-39-2910(福智屋)
FAX 0796-36-3273
創業 1725年(享保十年)
設立 1945年(昭和20年12月18日)
資本金 9,600万円
従業員数 35名<男子12名 女子23名>
売上高 568,681千円 但し 第75期
(令和2年9月期 )
日本酒販売数量 472.7kl (2,625.9石) 但し 第75期
(令和2年9月期 )
事業内容 日本酒の製造 ・ 販売及び酒造米の栽培
大きな地図で見る

アクセス方法

矢田川の清らかな水と緑豊かな自然に包まれた香住鶴の酒蔵・福壽蔵。最新の設備と昔ながらの伝統が調和した香住鶴の酒造りを間近でご覧頂けます。また、気軽にご利用いただける販売施設もございますので、ドライブの途中などお近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

舞鶴若狭自動車道から春日IC→北近畿豊岡自動車道 八鹿氷ノ山IC→国道9号線、または中国自動車道から播但連絡道路 和田山IC→国道9号線→県道4号線(香住村岡線)を香住へ約20分。

・神戸・大阪から
中国自動車道(福崎IC)~播但連絡道路(和田山IC)~国道312号線~国道178号線にて

・京都から
国道9号線(和田山)~国道178号線にて

・鳥取から
国道9号線~国道178号線にて

・岡山から
国道53号線~国道9号線~国道178号線にて

兵庫五国 酒蔵之会

兵庫県は古来五つの国より成り立っており、独自のすばらしい地域文化と風土を有し、それぞれの土地の米や水を使い、伝承の酒造りを行ってきました。

個性豊かな一国一蔵のお酒と文化を、より多くの方々にお伝えします。 香住鶴は但馬の国となります。

神戸酒心館「福寿」  摂津之国の酒屋。

都美人酒造「都美人」  淡路之国の酒屋。

本田商店「龍力」  播磨之国の酒屋。

西山酒造場  丹波之国の酒屋。